ストレスをため込まないコツ


「ストレス」と向き合いながら生活している現代人。
その「ストレス」によって健康を害したり、悪いときは死を呼び込んだりと様々な問題になっています。
「ストレス」と簡単に言っていますが、そもそも「ストレス」とはどういうものなのでしょうか。
 

ストレスとは


実はストレスに関して、学問的に確立された定義はまだ無いようなのですが、個人にとって負担となるような出来事や要請(これらをストレッサーという)によって引き起こされた不安や怒り・不満・抑うつ気分などの精神症状と、疲労感・食欲不振・不眠などの身体症状、そして喫煙や飲酒量の増加などの行動の変化を含めて「ストレス反応」と呼び、この両者を合わせたものをストレスと称しているようです。
 
細かいことを説明すると長くなるので省略しますが、結論をいうと「必要以上のストレッサーを受けると健康を害する」ということなのです。
 

ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われていたもので、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態を言います。ストレスを風船にたとえてみると、風船を指で押さえる力をストレッサーと言い、ストレッサーによって風船が歪んだ状態をストレス反応と言います。医学や心理学の領域では、こころや体にかかる外部からの刺激をストレッサーと言い、ストレッサーに適応しようとして、こころや体に生じたさまざまな反応をストレス反応と言います。

引用元:1 ストレスとは:ストレス軽減ノウハウ|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省

 

ストレスをため込まない


では、ストレスをため込まないようにするにはどうすればよいのでしょうか。
ネット上でもいろいろな方法がアップされていますが、コツとしては大きく2つあります。
 

1)自分にとって好きなことや癒されることに没頭

好きなことや癒されることで心の安定を戻すことができます。

ご自身の好きなことを思い出して行動に移してみましょう!
 

2)「今」を感じること

今に意識を集中させることで記憶を呼び戻すことを阻止したりすることができます。
 
人の健康に大きな影響を与えるのは精神的ストレスです。
イヤなことや辛いことを考えたり思い出したりすることがストレスの原因とされています。
そんな状況を止めてくれるのが上記の2つです。
 
例えば、絵を描いたり、音楽を聴いたり、動物と触れ合うなどもストレス解消法とあげられています。

スキンシップによるグルーミングは、ストレス解消の王道。子供とプロレスごっこをしたり、膝の上で絵本の読み聞かせをすることも効果的だ。また、人間ではなく、犬や猫といったペットでも構わない。

触れ合ったり、話しかけたりすることで同様の効果がある。返事がなくともオキシトシンは分泌される。ペットを飼えない人は、猫カフェ・フクロウカフェなどに出かけるのもよい。

引用元:脳のストレスを「溜めない」 8つの方法 – エキサイトニュース(5/6)

 

ストレスレベルをチェック!

さらに、最近ではネット上でストレスを抱えているかどうか診断することができます。

例えば、下記のものであれば簡単な項目に答えるだけで、無料でストレスレベルを測定。

出典:5分でできる職場のストレスチェック|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(自殺対策を含む)
 
現在の自分のストレス反応や、ストレスの原因となりうる因子などをセルフチェックで知ることで、ストレス対策をより見つけやすくするのもいいかもしれませんね。